車検の種類

車を所有している人ならば知っていて当然の事なのでしょうが、車検を知らない側の私たちからすると車検に種類があった事も知りませんでした。

 

「面倒くさい」

 

と思うのも仕方がないのかも知れないですが、前述の通り

「面倒」

と思うのならば車を運転する事は避けて頂きたいです。

 

それを怠る様な責任感の欠如してしまっている人に、安全な運転が出来ると私は思えません。

 

車検の種類としては

 

ディーラー車検

自動車ディーラーが主体となって行う車検

数日間日数を要する事があるので代車を用意してくれる

 

民間車検

よく街中で見かける

○○工場といった場所。

料金は安く、様々なメーカーの車に対応している。

整備工場によってバラつきがあるため、しっかりとした整備工場を見極める必要がある。

 

 

車検専門業者

文字通り、車検を主にしている専門業者。

料金も安く、土日にも車検が可能で持ち込み持ち帰りがその日の内に可能。

 

ガソリンスタンド車検

料金も安く、車に乗る人ならば頻繁に行く場所のため非常に気軽にお手軽に申し込める。

 

 

ユーザー車検

所有者(ユーザー)が自ら点検を行い、運輸局に車を持ち込んで車検を取る方法。

格安で車検を受けられるが、ある程度の知識が必要となり、平日に休みが取れない人であれば難しい。

 

ユーザー車検代行

上記のユーザー車検を専門業者が引き受けて行ってくれる。

保障が付いておらず、車検後のトラブルに注意の必要がある。

 

 

この様に様々な車検が存在し、同じ車検でも方法や内容が異なるため、きっと車検に出そうと考えている人ならば手間がかかるのでしょう。

 

しかし、凶器になる乗り物に乗っている限りは仕方がありません。

 

話は戻りますが、自転車を運転する人にもこの様な責任を課した方がきっと良いと思いませんか?

 

手間もお金もかかります。

車検に合格しなければ運転も出来ません。

 

しかし、自らの足で歩く意外にもっとも身近な方法として存在するのが自転車。

車やバイクと違い安易に手に入れる事も出来る自転車。

 

それを運転するからにはそれ相応の自覚と決まりが無くてはいません。

 

乗り物を運転する皆がマナーの良い人間になり、安全運転を心掛ければきっと事故も減る。

それの入り口として存在するものが

「車検」

 

このテストに合格しなければ乗ってはいけないし、乗るのならば合格しなければいけない。

 

自転車にはまだ存在しませんが、車を運転する方は車検の大切さや重要性を理解し、事故の無い運転を心掛けてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です